高校受験の基礎知識 いろいろな高校の種類を知りたい!(私立・公立・国立)
  1. ホーム
  2. 高校受験の基礎知識
  3. いろいろな高校の種類を知りたい!
  4. 私立・公立・国立
  5. 公立高校
いろいろな高校の種類を知りたい!

私立・公立・国立

高校は、運営している主体によって私立高校、公立高校、国立高校の3種類があります。それぞれの高校の特徴を理解して、自分にはどんな高校が合っているかを探っていきましょう。

国立・公立・私立高校の比較

  国立高校 公立高校 私立高校
学習面 少人数制で、学習面の個人指導や成績管理も充実している。 1、2年は共通の授業で、3年で進路別の授業選択やクラス編成をする学校が多い。最近では進学指導に重点を置いた学校も出てきている。 主要教科の授業時間を多くしたり、1、2年からコース制導入、習熟度別授業の実施、補習の徹底など、各校独自の工夫がある。
生活面 生徒の自主性尊重だが、規律などには厳しい。ほとんどの学校が制服着用。 伝統校は自主性尊重で規則はわりにゆるやかだが、最近では生活指導を強化する学校も増えている。制服がある学校が多い中、服装は自由か標準服着用というところもある。 宗教・情操教育に特色がある学校やしつけ重視の学校が多く、一般に生活指導が厳しい。ほとんどの学校に制服がある。靴・鞄を指定し、髪型も規定する学校が多い。
進路指導 普通校では、大学進学を前提に、生徒それぞれの個性と適性を見い出していく指導が行われている。 どの学校でも進路指導は工夫しているが、基本的に生徒自身の努力にまかせられる。普通科の進学実績では、上位校と下位校の差が大きい。 学校の特色として、公立ではできない徹底した大学進学指導をする学校が目立つ。就職指導も、優れた設備で技術や資格取得に力を入れたり、礼儀・マナーの徹底した指導がある。
大学進学
の特典
基本的に併設大への優先はなし。いくつかの大学への推薦枠は利用できる。 学校によって、いくつかの大学・短大への推薦枠をもっているので、成績がよければ利用できる。 付属校は、系列の大学・短大へ優先入学できる(優先条件は学校によりさまざま)。
クラブ活動 いろいろなクラブがあり、併設の大学とつながりのあるクラブもある。 授業時間内の必須クラブと放課後のクラブ、他に同好会もある。生徒の自主的な運営が多い。 学校の特色のひとつとしてクラブに力を入れる学校がある。全国的な有名クラブも私立が多く、設備が充実し、練習のレベルも高い。
年間納入金 入学金・・・56,400円
授業料・・・115,200円
その他・・・約15~25万円
総額・・・30~40万円程度と推定
入学金・・・5,650円
授業料・・・118,800円
PTA会費、他・・・約10~20万円
総額・・・20~30万円程度と推定
初年度納入金平均(28年度状況)
東京都私立高校   平均約90万円
埼玉県私立高校   平均約82万円
神奈川県私立高校  平均約92万円
千葉県私立高校   平均約72万円
受験費用 9,800円 2,200円 1~3万円

次は、チェックポイント

ページトップ