高校受験の基礎知識 高校受験最新レポート(千葉県 私立高校)
  1. ホーム
  2. 高校受験の基礎知識
  3. 高校受験最新レポート
  4. 千葉県 私立高校
高校受験最新レポート

平成28年度 千葉県 私立高校入試

公立高校の選抜前に結果判明

千葉県の私立高校は、「前期選抜」「後期選抜」という分類で入試を実施しています。

前期選抜は1月17日から始まります。1月17日や18日に試験日を設定する学校が多く、入試日が重なる場合が目立ちますが、最近では他校との併願をしやすくするために試験日を複数回設定する学校も増えています。
後期選抜は2月5日から始まり、2月7日までの3日間に試験日は集中しています。

一方、公立高校入試は2月の中旬からとなりますから、県内私立高校の合否結果がわかった後で公立高校を受験するという流れになっています。

 

前期入試(1/17~)

ほとんどの学校が前期選抜の中で単願だけでなく他校との併願も可能な入試を行っています。そのため、全体的に受験者は前期に集中しています。

前期選抜では推薦入試を行う学校も多いのですが、中学校長推薦だけでなく自己推薦を行うケースもあります。また、一般入試を実施する学校も多くなっています。自己推薦や一般入試では学力検査を行うのが通常で、その結果により合否が決まります。また、最近では単願推薦であっても面接や作文だけでなく、学力検査を行う学校が増えています。それらの学校では、「推薦」といっても不合格になる場合があります。

 

後期入試(2/5~)

前期に受験者が集中していることもあり、後期選抜は規模が小さくなっています。中には前期選抜のみを実施し、後期選抜を行わない学校もあります。
後期選抜は枠が小さいため、上位校を中心に高倍率になるケースが目立ちます。

ページトップ